Member

2018.07.18 型出し

こんにちは!

SOLID LABOです。

 

 

毎日暑い日が続いておりますが、

工場内はこの暑さに負けじと更に熱気ムンムンで

がんばっております!!

 

さて本日のブログは、『張り』のお仕事について

お伝えしていきます。

 

これまでは、木工についてのお話が中心でしたが、

SOLIDの商品には木工技術以外にも

絶対に欠かかすことの出来ない重要な技術があります!!

 

それが『張り』です!!

 

張りとは、簡単に言いますと

木部以外のクッション部分に関わるお仕事のことを指します。

 

 

何がそんなに重要なのか?

 

皆さん、考えてみて下さい。

洋服選びをする際に一番気にすることは何でしょうか?

 

答えは、おそらく同じでしょう!

 

この洋服は自分に似合うだろうか、

そしてサイズやシルエットはばっちり合っているだろうか。

 

そうなんです。

 

基本的には家具も同じなのです!!

 

せっかく無垢材を使用して木フレームのかっこいいソファーを作っても

クッションの座り心地やシルエット、仕上がり感が少しでも悪いと

商品自体を台無しにしてしまいます。

 

 

この商品も

 

SLC03

 

 

 

 

 

こちらの商品も

 

SLC04

 

張りの仕上がり次第で

見た目や商品価値が大きく変わってくるのです!!

 

 

更に申しますと、

このクオリティー、この見た目でありながら

なんとこちらの商品は、カバーリングとなっており、

カバーが外せる仕様となっております。

 

SOLIDの商品は『木工+張り』

どちらにもこだわり、商品を開発しております。

 

そんな『張り』のお仕事ですが、

その中でも、カタチを決める重要なポイントである『型出し』について

こだわりをお伝えしていきます。

 

 

こちらは、SLC01のソファー

 

SLC01-1A

 

クッション部分に注目して下さい。

 

一見、ただの四角いクッションですね。

 

しかし、こんな四角にしか見えないクッションでさえ、

実は、型は四角ではないんです!!

 

こちらが縫製前の元になる型紙

型出し

 

なんと外周の形状は円弧を描いているんです。

 

どうして直線ではないのか?

 

そこに、張り職人の腕と技術が詰まっているんです!!

 

一見してただの四角にしか見えないクッションも

 

クッションディティール

実は、表面のふくらみや

 

仕上がり

 

角に微妙なカーブをつけることで、

 

仕上がりディティール

クッションのやわらかさや色気のあるシルエットを型出しによって表現しているんです。

 

しかもそれを数ミリ単位の調整をこれまでの経験と感覚で行っていきます。

 

型出しディティール 手作り道具 型出しディティール3 型出しディティール2

 

 

張りのお仕事は、木工以上に感覚的で経験とセンスが必要となります。

 

四角クッションですら、

型出しをする人が変われば違いがはっきり出ます。

 

 

こだわりは、こんな場面でも!!

 

仕上げ

木工の仕上げの研磨と同様に、

型紙も最後は仕上げの研磨!!

生み出した型紙は、わが子同然(笑)

 

 

身内ながら、

どんな単純なカタチでも

こだわり抜いた魂のこもった張りの仕事には、

いつも関心仕切りでございます。

 

SOLIDの製品には、

そんな作り手の思いがクッション一つとっても

込められております。

 

 

 

本日は、『張り』のお仕事について

お伝えさせて頂きました。

ミシン糸

 

 

 

 

=SOLID FURNITURE STORE =

【FUKUOKA HP】

http://www.solid-furniture-store.jp/

【Instagram】@solid.fukuoka

https://www.instagram.com/solid.fukuoka/

【Facebook】

https://www.facebook.com/SOLID.FUKUOKA/

【TOYAMA HP】

http://www.solid-furniture.jp/

【TOYAMA BLOG】

http://www.solid-furniture.jp/blog/

 

 

 

 

SOLID LABO

2018.05.17 曲げ木

こんにちは!

SOLID LABOです。

 

本日は、木工技術の中でも特にチェアーの製造に

欠かすことの出来ない『曲げ木』についてお届けします。

 

 

SOLIDのダイニングチェアーにも、

もちろん曲げ木を使用しているわけですが、

主にどこに使用しているかと申しますと、

はい、こちらです。

 

IMG_5201

 

チェアーの背板部分です。

これを『曲げ木』といいます。

 

 

チェアーの掛け心地を決めるもっとも重要な要素の1つで、

この曲げ木の曲がり方で掛け心地が決まると言っても過言ではございません!!

 

 

ちなみに、この曲がり具合はチェアーのデザインや使用用途によって使い分けておりまして、

曲げの円弧が小さいほど、背中を包み込むような掛け心地になります。

 

SOLIDの01ダイニングチェアーの背板の曲げはR435(アール※円の半径を表す単位)を使用しております。

 

IMG_5244

 

 

工場で流れる商品の中でも2番目に小さいR(アール)を使用しておりまして、

背中を幅広の無垢板がゆったりやさしく包み込んでくれます。

 

 

店頭でぜひ掛け心地を確かめてみて下さいね。

 

 

ではこの曲げ木、いったいどうやって曲がっているのか気になるところですよね?

 

 

解説致します!!

 

『曲げ木』には、大きく分けて2つの技術があります。

 

一つは、蒸煮曲げといって木を煮沸させた釜で蒸して曲げる方法と

もう一つは、積層曲げといって無垢材を一度薄くスライスし接着剤を塗り、

型にはめてプレスすることで曲げる方法です。

 

SOLIDの商品は、後者の積層曲げを使用しております。

 

手順としては、まずは無垢材を薄くスライスします。

 

IMG_1812無垢材スライス

 

 

次に、接着剤を塗布し曲げの型に乗せて高周波(電気で熱を加えて)でプレスします。

 

 

曲げ木435R

 

 

背板自体は小さいですが、

曲げる型も機械も大きく実物は迫力満点です。(笑)

 

 

プレスが終わると曲げ木の完成!!

 

無垢曲げ木

 

 

この積層曲げの特徴は、

一枚の無垢材から一度薄くスライスして曲げる為、

曲がった後には元の一枚の無垢材に戻ることなんです。

 

ここが一枚の無垢材を直接曲げる蒸煮曲げにも

負けず劣らずのポイントなんです。

 

 

曲げ木カット

 

 

加工を施し、

 

曲げ木研磨

 

 

研磨をし、

 

曲げ木研磨確認

 

 

仕上がりをチェックし、

 

塗装を施せば、

 

 

曲げ木完成

 

 

はい、元通り!!

 

一枚板の無垢材から曲げたように仕上がるわけです。

 

 

 

 

SOLIDでは本物の価値を感じていただける商品を適正な価格でお届けする為、

無垢材との対話を怠らず、

無垢材がもっと活きる表現方法はないか、

それを実現するにおいて生産性の高い技術はないか、

無垢材のプロフェッショナルとして日々探究しております。

 

 

 

 

本日は、曲げ木についてお届けしました。

 

曲げ

 

それでは、今日はこの辺で!!

 

 

 

=SOLID FURNITURE STORE =

【FUKUOKA HP】

http://www.solid-furniture-store.jp/

【Instagram】@solid.fukuoka

https://www.instagram.com/solid.fukuoka/

【Facebook】

https://www.facebook.com/SOLID.FUKUOKA/

【TOYAMA HP】

http://www.solid-furniture.jp/

【TOYAMA BLOG】

http://www.solid-furniture.jp/blog/

SOLID LABO

2018.03.29 素材が主役

こんにちは!

SOLID LABOです。

 

 

前回は無垢材の魅力についてお届けしましたが、

これは無垢材の魅力のほんの一部でしかございませんので、

これからもどんどんお届けしていく次第です。

 

 

なぜならば、

 

 

SOLIDの主役は素材であるから!!

 

 

SOLIDの店舗やすべての家具は、

天然素材の持つ力(魅力)を引き立てる、また引き出すことにこだわり

空間作りや家具のデザインを行っております。

 

 

その中で無垢材の魅力を引く出すために考え出した

SOLIDの商品に共通した特徴について、

本日はご紹介します。

 

 

 

素材が主役であること  ・ ・ ・

 

無垢材原木

 

 

SOLIDの商品開発を始めた当初、

この言葉を常に頭に置き 、

いかにしてシンプルな形の中で

素材の持つ力を引き出す為の魅せ方やデザインが出来るかを

模索しておりました。

 

 

そんな時、

 

 

不意に考えたことが、

世の中に素材で勝負しているモノには、

どんなモノがあるか、ということでした。

 

 

そこで一番に思いついたモノ

それが宝石でした。

 

 

宝石の魅力は、

何といっても希少価値が高くキレイで美しいこと。

 

また、どの角度から見てもキラキラと煌く輝き

動きに合わせて表情が変わるので見ていて飽きない

それが、人を引き付けて離さない理由ですよね。

 

 

 

これ、すべて計算された加工方法によって

一番美しく輝くように光を操っているからなんですよね。

 

 

その代表的なカットが、

ダイヤモンドのブリリアントカット!!

 

皆さん、ご存知ですよね。

 

 

 

この考え方、

木で試してみてはどうだろうか?

 

 

もしかして、

無垢の素材感を際立たせる為の

新しい魅せ方が出来るかもしれない!!

 

そう、思ったわけです。

 

 

 

そして、それから試行錯誤の末、

誕生したのがこちら

 

SLC02 上

 

SLC01 1

 

SLC04 1

 

 

SDT01 2

 

 

SBO02

SDT04

 

 

光と影を意識することで生まれた

立体的な表情は、

 

 

見る角度

 

 

場所

 

 

時間

 

 

季節によって

 

 

全く違った無垢材の表情を魅せてくれます。

 

 

 

更に、

 

月日が経つにつれ

 

 

はじめは尖っていた面も

 

 

使い込むごとに自然と角がとれ

 

 

段々と、からだへと馴染んでいき

 

 

何物にも変えがたい

 

 

思い出の詰まった

 

 

ヴィンテージ家具へと育っていく

 

 

 

そんな思いをカタチにしました。

 

 

この特徴ある形状を今は、

“ダイヤモンドカット”なんて読んでおります。

 

 

ただSOLIDらしさに欠けるので、

何か別のSOLIDらしい名前を考え中。

 

 

SOLIDとヒントとなったブリリアントカットを合わせて

“ソリディアントカット”

うーん、どうだろうか??

 

いいネーミング募集中です!!

 

 

では本日はこの辺で

 

 

=SOLID FURNITURE STORE =

【FUKUOKA HP】

http://www.solid-furniture-store.jp/

【Instagram】@solid.fukuoka

https://www.instagram.com/solid.fukuoka/

【Facebook】

https://www.facebook.com/SOLID.FUKUOKA/

【TOYAMA HP】

http://www.solid-furniture.jp/

【TOYAMA BLOG】

http://www.solid-furniture.jp/blog/

SOLID LABO

2018.03.13 経年変化

こんにちは!

SOLID LABOです。

 

 

SOLIDの家具はご存知かと思いますが、

 

本物を追求した100%天然木の無垢材にこだわっております!!

 

無垢材

 

 

ウォールナット

 

ブラックチェリー

 

レッドオーク

 

SOLIDでは、この3種をメインに取り扱っております。

 

 

それぞれ個性がありますが、

 

本日は、その中で一番違いのわかりやすい

 

 

“色の経年変化”についてお伝えしていきます。

 

 

 

まずお伝えしなくてはいけないことは、

 

木は家具として製品になっても生き続けているということ!!

 

 

木も人間と同じく呼吸し、

 

乾燥すると肌荒れするように、ひび割れや毛羽立ちが起こりますし、

 

日に当たると日焼けもします。

 

 

 

ここでご紹介する経年変化とは、

 

もともとそれぞれの材がもつ性質(特徴)から起こる

 

経年変化についてのご紹介となります。

 

 

 

まずは、レッドオーク材の経年変化から!!

 

 

レッドオーク レッドオーク経年変化

 

全体的にはナチュラルな色目ですが、

その名の通り、

オーク材の中でも赤みを帯びた色目をしております。

 

どの空間にも合わせやすいスタンダードな材です。

 

 

 

経年による変化は、

毎日使っていると気がつきませんが、

 

少しづつ、少しづつ、

 

色は飴色に、

自然に艶も出てきて、

重厚で落ち着いた雰囲気へと変化していき、

使い込むごとに味わいを増していきます。

 

 

 

続いて、ウォールナット!!

 

 
 

ウォールナット ウォールナット経年変化

 

木材の色自体が濃く、

深い色味の小豆色(紫)が特徴。

 

 

日本では胡桃(くるみ)の木がウォールナットに当たります。

 

 

SOLIDのブランドイメージを担う材です。

 

こちらも経年による変化は、

毎日使っていますと気がつきませんが、

濃い紫から段々と色が薄くなるという珍しい特徴があり、

使い込むごとに赤茶へと変化していきます。

 

 

出来立ては、凛としたモダンで高級感の漂う雰囲気から

年月とともに、

いい意味で余計な力が抜け、

空間と馴染んでいき、

ヴィンテージ感漂う雰囲気へと

変化していきます。

 

 

 

そして、ブラックチェリー!!

 

 
 

ブラックチェリー ブラックチェリー経年変化

 

3つの中で一番変化が大きい材で、

この色の変化自体が最大の特徴であり、

魅力となっております。

 

日本では桜の木がブラックチェリーに当たります。

 

絹のようにキメの細かい肌触りで

はじめは、薄いピンク色

これが、日光の紫外線と反応することで、

直射日光の当たらない室内でも

日を追うごとに光沢を伴う褐色へと変化していきます。

 

 

他の二つの材と比べ、

こちらは目でわかるスピードで変化していきます。

 

はじめのうちは、3日単位でも変化がありますので、

取り扱い注意点として、

日焼け後が残ってしまうので、

 

材の上には絶対にモノを置きっぱなしにしないこと。

 

 

それだけ注意いただけますと、

自らが褐色へと育てることができ、

長い時間をかけて楽しむことの出来る材です。

 

 

どの材も無垢材だからこそ

お伝えできる魅力であります。

 

 

SOLIDが目指す姿は、

未来のヴィンテージ家具!!

 

 

経年変化の先にその姿はあります。

 

 

=SOLID FURNITURE STORE =

【FUKUOKA HP】

http://www.solid-furniture-store.jp/

【Instagram】@solid.fukuoka

https://www.instagram.com/solid.fukuoka/

【Facebook】

https://www.facebook.com/SOLID.FUKUOKA/

【TOYAMA HP】

http://www.solid-furniture.jp/

【TOYAMA BLOG】

http://www.solid-furniture.jp/blog/

SOLID LABO

2018.02.27 陰の立役者


こんにちは!

SOLID LABOです。

 

本日は決してオモテには出てこない、

 

と言いますか、

 

“見えない、むしろ見えてはいけない”部分で活躍する

 

陰の立役者 をご紹介します!

 

 

 

唐突ですが…

 

みなさま、SOLIDのチェアーはどうして座れるのでしょうか?

 

SOLID CHAIR SDC01

 

椅子なんだから座れて当たり前でしょっと言われてしまいそうですが、

 

実は、この当たり前に座れるということは、

 

当たり前ではないのです!

 

 

『椅子は座れて当たり前』を実現する為に、

 

知恵を絞り、試行錯誤を繰り替えして開発されたとある素材と、

 

それを使いこなすべく研究し、蓄積してきた工場の技術が合わさって、

 

初めて“座れて当たり前”が成立しているのです。

 

 

そのとある素材がこちら ↓

 

スーパーダボ

 

木ダボといいます。

 

SOLIDのすべての家具は、

 

この木ダボをパーツの接合に使用しております。

 

 

組み立て

 

一般的には、この構造をダボ構造と呼んでおります。

 

SOLIDの家具は、なんと構造を支えている見えない部分にまで、

 

徹底して無垢材を使用しております!!

 

 

しかも、、

 

こちらの木ダボ、ただのダボにあらず!!

 

 

その名は、

 

 

“スーパーダボ”

 

 

ダボとスーパーダボ

 

何を持って、スーパーなのか?

ご説明します。

 

写真左が通常のダボ、右がスーパーダボです。

 

どちらのダボもSOLIDの家具に使用しておりますが、

 

強度上の負担が少ない場所には通常のダボを使用し、

 

構造上負荷のかかりやすい場所や

 

強度が求められる肝心要の場所には、

 

このスーパーダボを使用しております。

 

ダボ入れ

 

 

では、どこに違いがあるのか…

 

 

その1、

 

通常のダボはブナ材、スーパーダボはナラ材を使用しております。

 

ナラ材は、家具の材料として昔から愛されてきた王道中の王道の材で、

 

ブナ材よりも粘りがあり、強度の必要な場所には最適な材なのです。

 

 

 

その2、

 

ここが、本日一番伝えたいところです!!

 

 

はい、先端にご注目!!

 

スーパーダボ溝

 

通常のダボには無い、2本の溝が入っております。

 

たったそれだけの違い?

 

そう思った方、されどその違いがとても大きいんです。

 

ダボは通常、接着剤の水分を吸収することで膨張し、

接着剤が固まり一体化することで強度を発揮します。

 

接着剤

 

 

プレス

 

 

拭き取り

 

 

通常のダボでも、らせん状に溝が入っているので

 

抜けにくい構造になっているのですが、

 

より強さを追求し、たどり着いたのが先端の溝なんです。

 

つまり、

ダボが接着剤の水分を吸収、

溝があることで先端が単独で膨張し、

“針の反し”のような状態になるため、

通常のダボに比べ、より抜けにくく強いというわけです。

 

 

最小限の加工で最大限の力を発揮するという、

めちゃくちゃ凄いやつなんです。

 

 

まさにスーパーの名に相応しいスーパーヒーロー!!

 

 

世の中には、普段何気なく使っている道具でも、

それを当たり前に使えるようにする為の工夫と努力が

見えないだけで、製品にはたくさん詰まっているものです。

 

 

特に椅子は、からだを預け支えるモノ

 

だからこそ、

 

見えない中身がとっても大事!!

 

 

そんな思いがSOLIDの製品には、

 

見えない部分にまで

 

ぎっしり詰まっております。

 

 

 

では本日はこの辺で。

 

 

=SOLID FURNITURE STORE =

【FUKUOKA HP】

http://www.solid-furniture-store.jp/

【Instagram】@solid.fukuoka

https://www.instagram.com/solid.fukuoka/

【Facebook】

https://www.facebook.com/SOLID.FUKUOKA/

【TOYAMA HP】

http://www.solid-furniture.jp/

【TOYAMA BLOG】

http://www.solid-furniture.jp/blog/

 

SOLID LABO

2018.02.03 8号

はじめまして!

SOLID LABOです。

 

LABOでは、SOLIDの家具を毎日生産している工場からSOLIDの家具の魅力をいろんな情報を交えながらお伝えしていきます。

 

 

本日のブログテーマは・・・ 8号!!

この数字のもつ意味をぜひ知っていただきたいのでご紹介。

 

 

こちらの素材はご存知でしょうか?

 

帆布

 

 

SOLIDのブランドイメージを構成する上で欠かせない素材!!

 

 

帆布

 

『はんぷ』と読みます。

 

 

英語ではキャンバスと言いますが、

素材は綿や麻で作られています。

 

 

SOLIDオリジナル帆布は、国産(岡山県倉敷)の綿100%!!

 

 

帆布は、漢字から分かるように元々は船の帆として

使用されていた素材であったことが名前の由来です。

 

 

特徴は何といっても、その丈夫さ!!

 

 

実は、みなさん・・・

 

 

帆布の丈夫さは、誰しもが身をもって体験しているはずです。

 

 

小学生時代を思い出してみて下さい。

 

 

跳び箱

体操マット

運動会のテントなど

 

 

個人的には幼少期に体操スクールに通っており、

昔から馴染みも思い出も深い素材なんですよね~。

その当時の体操スクールの匂いなんかも一緒に思い出します。

 

 

 

これ全部、帆布なんです!!

 

 

 

実は、同じ帆布でも使用用途によって種類が違うんです。

 

例えば、体操マットは6号帆布。

 

 

SOLIDのオリジナル帆布は8号

 

 

バイオウォッシュ

 

 

帆布には1号~11号まであり、号数が小さくなる程に生地が厚く丈夫になります。

正確には、帆布は丈夫な平織りで撚り合わせる糸の本数によって号数(厚み)が変わるのです。

 

 

ちなみに・・・

 

 

体操マットに使用される6号帆布の撚り合わせる糸の本数は4本、

SOLIDオリジナル8号帆布の寄り合わせる糸の本数は3本です。

 

 

少々、小難しい説明になってしまいましたが、

つまり4本が1つの糸ととして織り込まれるため、

6号のほうが厚地の生地に仕上がるという訳です。

 

 

それなら何故、SOLIDは丈夫な6号ではなく8号帆布を選んでいるのか?

 

 

それは、何といっても肌触り!!

 

 

たしかに、6号の方が丈夫でしょう!

しかし、もともと帆布自体の織りがしっかりしており、

生地としては8号でも十分丈夫なんです。

 

 

 

ちなみにこちら↓

 

8号帆布

 

私の愛用しておりますtobiuoのバッグですが、こちらも帆布です。

気になって号数を調べてみましたら、なんと同じ8号帆布でした!!(驚)

 

 

このバッグの特徴ですが、表側にほとんど縫い目(縫製)が出てこない作りになっており、糸ほつれの心配もなく、丈夫で永く使えそうと気に入って購入したものです。

もう、6、7年使用しております。

 

 

tobiuo bag up

 

 

新品当初はもっと鮮やかな色でしたが、年月とともに落ち着いたいい風合いになってきました。

角こそ少し摺れてきましたが、他に目立った汚れやキズもございません。

 

 

 

少し横道にそれましたが、

 

 

帆布は厚手になるほど、ごつごつした手触りになっていきます。

 

 

その点で8号帆布は、バッグにも使用される耐久性がありながらも風合いと肌触りがよく、家具の張材としての相性も含め、最適なバランスなんです。

 

 

 

家具は毎日肌に触れるもの

 

毎日使うものだからこそ

 

永く使えて、安心できるものを選びたいですよね。

 

 

生地展

 

SOLID FURNITURE STORE×生地展

イベント期間:2018.2.3(土)~2018.2.12(月)

 

生地展開催中です。

ぜひ店頭にて実際に手に触れてみてください。

 

 

=SOLID FURNITURE STORE =

【FUKUOKA HP】

http://www.solid-furniture-store.jp/

【Instagram】@solid.fukuoka

https://www.instagram.com/solid.fukuoka/

【Facebook】

https://www.facebook.com/SOLID.FUKUOKA/

【TOYAMA HP】

http://www.solid-furniture.jp/

【TOYAMA BLOG】

http://www.solid-furniture.jp/blog/

 

SOLID LABO

2016.01.20 Coming Soon

SOLID LABO